一博科技、IPC電子組立高信頼性技術会議へ参加 -株洲(高速鉄道テーマ)

ソース:一博科技    更新時間:2017-6-7  
高速鉄道は既に都市間の常用交通手段となっており、高速鉄道レール設備の製造のプロセスにおける、電子組立の、長期的な大きな温度差、凸凹の複雑な動作環境における信頼性が課題となっております。人々の外出時の安全面におけるリスク軽減の為に、高信頼性の製造品質に対する要望は、日々高まっております。

IPC-国際電子工業協会®は6月16日より、中車株洲電力機車研究所と連携して、湖南省株洲市の九方大洒店でIPC電子組立高信頼性技術会議(新幹線テーマ)を開催されます。

一博科技は、中車株洲所のサプライヤとして、会議に出席致します。一博科技は「PCB設計と製品信頼性-理論と事例のシェア」というテーマにて発表致します。高信頼性の国際標準、高速鉄道設備研究設計、半田付け等の方面で、技術交流を行い、電子製造における信頼性問題を解決致します。
湖南及び周辺地区電子企業のプロフェッショナルな方のご来場をお待ちしております。終日無料、お楽しみに!

IPC電子組立高信頼性技術会議
会議時間:2017年6月16日(金曜日)
会議アド:株洲市九方大酒店石峰厅

湖南省株洲市田心小东门1号,迎红旗路近中車株洲電力機車工場対向


シンセン市一博科技会社
2003年3月に設立し、高速PCB設計•SMT半田•PCB製造•部品実装等を対応しております。世界最大の高速PCB設計会社として、中国、アメリカ、日本に研究機関を設け、現在エンジニア数:500名以上在籍しております。大規模な高速PCB設計部隊、最先端技術をもって、お客様のご希望にお応えいたします。


中車株洲電力機車研究所
1959年に設立し、世界最大規模、先端技術による鉄道輸送機器サプライヤで、中国中車株式会社の完全子会社です。中車株洲所は、新幹線、機関車牽引と制御システムの国家の重要な実験室を担い、強大な独自開発と革新能力で、成熟した、高度な電気システム統合、コンバータおよび制御、車両制御及び診断、その他の主要なコア技術を持っています。